Be Ambitious―大志を抱け

それが、榎本ビーエー(Enomoto BeA)で働くものすべての行動指針です。

 弊社は1951年の創業以来、一貫して“モノづくり”にこだわり、誇りを持って取り組んできました。

 航空宇宙関連事業では、競合他社が少ない大物部品に的を絞り、技術を磨くと同時に設備投資を行ってきた結果 、今や国内で屈指の大物航空機部品加工を手がける会社となることができました。航空機業界は、初の国産旅客機MRJ、自衛隊の純国産ステルス戦闘機F3など大変注目を集めており、我が社としても、本事業は経済成長の一助を担うものとして、志を高く持っております。

 工作機械周辺機器事業においては、当社の主力製品のひとつである搬送機器(チップコンベヤー)が国内トップシェアの30%を確保、海外においてもコンベヤーといえばENOMOTOというほど、業界では存在感のあるブランド地位を確立しています。製造現場では、効率的で無駄のないモノづくりにひたすら取り組み、高品質・短納期・低コストで製品をお客様に提供する努力を続けています。マニュアルやITに頼った教育では成し得ない、人の手をかけた技術教育を、景気の波に左右されることなく雇用を続けることで、絶え間なく積み重ねてきました。それこそが“モノづくり”にこだわる我が社の宝として誇ることができるものです。今後、ますます多様化するお客様のニーズを掴み、高い技術力のエノモトだからこそ成し得る製品づくりに、一層磨きをかけていく所存です。

 そしてさらに、現在の主力事業に加えて、近年取り組んできた新事業・木質ペレット製造プラントを主体とした環境分野、さらには医療分野など、我が社の第三の柱となる事業に育てるため、日々研鑽を続けています。

 新事業への挑戦にこれからも果敢に取り組んでいくために、日々の業務に追われる中でも、我々一人ひとりがそれぞれの志しを見失うことなく、夢に向かって進むことができる企業風土を作ることが私の使命であり、榎本ビーエーは、高い志しを持ち、常に新しいことに挑戦する集団でありたいと思っております。

代表取締役会長 榎本尚浩

PAGE TOP